fc2ブログ
獣医科の講義
講義A
                 (許可を得て掲載しています)


今日は入学前から楽しみにしていた獣医科の講義を受けました
講師の先生は人間の医師であり獣医師でもある経験豊富な先生です




アトピー性皮膚炎と脂漏症に対するスキンケアのお話を聞きました。
大部分の皮膚疾患は的確なスキンケアによって臨床状態を軽快させることが出来るそうです





先生はわずかな痒みと軽度の発赤が特徴の初期アトピーを見つけたら
飼い主さんに、治療やコントロールをしないと進行して行くこと、
早く治療すれば治ると言うことを伝えなければいけない
と強調されていました
 







講義B


休憩時間には先生が被災地に行かれ医師として活動されたお話を
聞きました。
失礼ながらお若くはないと思われますが、そのバイタリティーには
頭が下がります





そして時折先生が歩んで来られた世界のお話になります
「(医師免許を取得された後)私は昭和33年にドイツに渡り更に研究を進めました。皆さん生まれてないでしょう
と先生が私達に向かって言われました。一番前に座っていた正直な私はつい
「私が生まれた年です
と元気良く言ってしまいました(笑)
他の生徒さんとここまで年の差があると逆に楽しいものですね










あれーもしかしたら先生から見たらみんな同じに見えたのでしょうかたぶん私の父と同じくらいだと思うので…。
いやいや、そんなはずはないか








変な発想をしちゃうので今日はこの辺で

楽しい授業でした

スポンサーサイト



[2011/09/20 23:30 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |